ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

Atamai Village Wines / アタマイビレッジワインズ

日本人栽培醸造家コウヘイ氏が作る

エコロジカルなパーマカルチャーワイン

Kohei Koyama
Kohei Koyama

『アタマイビレッジワインズ』は、日本人栽培醸造家「コウヘイ」により2014年に設立されたワイナリー。南島のネルソンにてパーマカルチャー・エコビレッジであるAtamai Eco Villageで、循環可能性が高く、体に優しくかつ香り豊かなワインづくりを志向して設立されました。葡萄栽培からワイン醸造まで全ての作業をコウヘイが手作業で手掛けていきます。

Atamai Village Wines 公式HP

 

 

▷「コウヘイ」プロフィール

青森県出身。大学卒業後、東京、ロンドンでビジネスの世界を11年間経験する。一方で元々母方が山形の酒蔵の家系ということに加え、英国在住時にワインの奥深さに魅了され、自然環境の中でワイン作りを行うべく、2011年にニュージーランドに渡る。南半球で最も古い農業学校で世界的な研究機関でもあるLincoln大学のブドウ栽培・ワイン醸造学科を日本人で初めて首席で卒業し、その後Bell Hill Vineyard (NZ)、Greystone/Muddy Water (NZ)、DuMOL (カリフォルニア)等にて、ブドウ栽培・ワイン醸造業務を経験しました。

▷エコビレッジ「アタマイビレッジ」について

2006年に設立されたパーマカルチャーエコビレッジ。Atamaiとは、マオリ語で「フェアネス」を意味します。地球環境に配慮した持続的な暮らしを共通の目的とし、果樹園や牧場、農場などを共同で運営。ビレッジ内での使用品はオーガニックのものに限定。ビレッジ内の電力は太陽光発電で全てまかない、飲料水は雨水を濾過するだけで飲めてしまいます。畑や果樹園は、有機栽培農法を取り入れて栽培管理され、ビレッジ内での使用品はオーガニックのものに限られます。建物も地元で調達した建材を使用し、太陽、土壌・森林からの水など身近な資源を暮らしのエネルギーに活用できる構造。

Atamai Village 公式HP

ブドウ畑はNZ南島のネルソン地域モツエカにある2004年に植樹を開始した約2ヘクタール畑です。現在ソーヴィニヨンブラン、ピノグリ、リースリングが栽培されていて、年間生産量は約10トン。土壌はニュージーランドでも珍しい花崗岩砂礫 (Separate Point Granite)で、ネルソン地域では最も急峻なことで知られた畑です。樹勢も安定する樹齢12歳を迎え、高品質のブドウの生産が期待される樹が1万本植えられています。

白ワイン

アタマイビレッジ

ソーヴィニヨンブラン

 

希望小売価格 3,300円

 

パーマカルチャービレッジの爽やかな空気感を反映したスタイルのソーヴィニヨンブラン。爽やかな果実の香りを感じた後に、ほのかな甘みが口中に広がります。

アタマイビレッジ ピノグリ

 

希望小売価格 3,300円

 

ピノグリらしいハチミツのような甘い香りに始まり、後味にはキリッとのこるほろ苦さ。余韻が長く口の中でじっくり楽しめるスタイルです。

アタマイビレッジ

トラディショナル リースリング

 

希望小売価格 3,900円

 

伝統的な甘みを残したスタイル。透明感のある見た目からは、意外なほどの豊かな香り。口に含んだ瞬間芳醇な甘みに包まれます。アタマイの特徴である、しっかりとした酸も。

アタマイビレッジ ファンキー ソーヴィニヨンブラン

 

希望小売価格 3,400円

 

ほのかな樽香で始まり、爽やかさとクリーミーさを絶妙なバランスで兼ね備えたソーヴィニヨンブラン。100%樽発酵、100%マロラクティック発酵、100%樽にて10ヶ月の熟成。

アタマイビレッジ

リースリング

 

希望小売価格 3,400円

 

花のような華やかかつ繊細な香りが広がります。口に入れるとさっと消えてしまう雪のように繊細なドライスタイル。



Green Songs

ワイン造りは、畑で生み出される質の高いブドウに始まり、作り手の丁寧な作業によってワイナリーにて完成します。栽培醸造家コウヘイが、ワイン造りへの取組みに共鳴し、ブドウの質にこだわった栽培家・醸造家と共に創り上げるコラボレーションワイン『Green Songs』をスタートします。 

〜栽培醸造家 小山浩平〜

 

アタマイビレッジの仲間たちに支えられながら、あっという間にアタマイワインを作り始めて3年を経たコウヘイ氏。NZでのワイン造りを続ける中で、信頼のおける栽培家や醸造家との協働など、アタマイワインの枠組みを超えた流れを感じながらの3年間となりました。

 

4年目のシーズンを迎え、より一層いろいろな可能性に挑戦していこうと思いから、会社名でもある『Green Songs』にブランドを統一をすることにしました。これまで同様のアタマイビレッジでの栽培と醸造に加え、少しずつ幅を広げた自由な発想でのワイン造りにも取り組んでいきます。ワインへの取組みは、これまでと変わらず素直に正直に。ブドウの質にこだわりながら、他の栽培家や醸造家とのワインの共創にも挑戦していきます。

 

『Green Songs』は、「緑、自然の歌声」という意味ですが、これは、コウヘイ氏の娘の名前「萌歌」にちなんでいます。自然の歌声に耳を澄ませ、自然のように軽やかでしなやかなワイン造りを心がけています。

グリーンソングス ワイパラ バレルエイジド ピノグリ

 

希望小売価格 2,600円

 

ワイパラバレーの平地側、砂利土壌で栽培されたピノグリ。ステンレスでの発酵・熟成後、熟成の最終局面で3ヶ月ほど樽熟成させました。

グリーンソングス ネルソン シャルドネ

 

希望小売価格 2,600円

 

ネルソンの粘土質の土壌で栽培されたシャルドネ。ステンレスタンクでの発酵の後、フレンチ樽で10ヶ月熟成。古樽のみを用い、ほのかな樽香とフレッシュさを活かした辛口タイプ。